ピアニスト「吉田イツコ」オフィシャルウェブサイト

イツコより

◎2018年10月10日 静岡市の学校・病院への訪問コンサートを終え、就労継続支援B型事業所「キャンバス」で働いていらっしゃる望月さんに会いに行ってきました。望月さんは以前、静岡県御殿場と中央特別支援学校(静岡市)の校長先生をなさっていた方で、2004年からのお知り合い。私の浜松などでのコンサートには、奥様とおふたりで聴きに来て下さいます。放課後等デイサービスぱれっと船越の入口を入って奥に進むと、コーヒーのいい香り・・・!コーヒー豆を焙煎したり、ブレンドしたり、パックしたりする事業がこの春、始まったそうです。望月さんは大のコーヒー好き。本当に幸せそうに働いていらっしゃる望月さんから、コーヒーの産地、豆の処理、焙煎、その他、毎日の試行錯誤などいろいろ興味深〜いお話を聞きながら、素晴らしく美味しく淹れていただいたコーヒーを味わい、私は至福の時を過ごしました。とにかく、スタッフの方たちが素敵なんです!!こんなに心のこもった美味しいコーヒーは初めてでした。皆さん、どうぞここにコーヒーを買いにいらしてください。住所は清水区川原町20-10。清水船越小学校の北東200m、「ぱれっと」の看板が目印です。将来はネット販売も始めたいとおっしゃっていました。楽しみですね!

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

◎2018年8月23日 標高1300mを超える我が家の周りには秋の気配が満ち、そろそろ色づき始めた木々からは乾いた音が響き始めています。

◎2018年7月11日 

◎2018年6月7日 

◎2018年5月31日 

◎2018年5月20日 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

◎2018年4月13日 今朝の気温は零度。ここは標高が高いので、長野県の平均気温より5度以上は低めです。我が家の自生の桜の蕾はまだまだ固く、やっと純白のコブシの花が開き始めたところですが、里では「信州の春」爛漫!梅も桃も杏も桜もみんないっぺんに競うように咲いています。そして私は、人の手で植えられた植物よりも、自然に生えているものの方に美しさを感じるようになった自分に出会います。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

◎2018年2月16日 今日は私の誕生日。バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ラヴェル、そして、「若きショパンを浴びる」と題した6月のレクチャーコンサートに向けてショパンも弾き込んでいます。…そうそう、今までひとりで来ていたリス君が今日は恋人を連れて来ましたよ!

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

◎2018年1月17日 至る所で大雪の被害が出ていますが、ここ南蓼科は今のところ積雪はさほどありません。凍った道で滑らないようにアイゼンをつけて毎日元気に歩いています。今ハマっているのはモーツァルトのソナタK.533。毎朝バッハをたくさん弾いた後に必ずこれをさらっています。とても不思議なちからを持った曲で、弾かずにはいられません。バッハとモーツァルトは私の健康のもと。モーツァルトは自分の病気を癒すために作曲をしていたという説もありますが、確かにそうかも。…あっ、テラスにまた、いつものお客様です!

  

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

◎2018年1月4日  新年明けましておめでとうございます。「生きている間にどうしても弾いておきたい曲は…?」と考えてみて、その数の多さに驚いてしまいました。元旦から練習に励んでいます。今年もまた、ぜひコンサートにいらしてください。

 

→ 2017年