ピアニスト「吉田イツコ」オフィシャルウェブサイト

活動紹介「コラボ」

バリアフリー サロン レクチャー デュオ わくわく 学校 音浴

コ ラ ボ レ ー シ ョ ン (共 同 創 作 ) の 醍 醐 味

 

 劇団SPACの俳優と共に 「朗読とピアノの午後」 「ワンコインシアター」 (静岡県舞台芸術センター主催) 静岡芸術劇場 

俳優が選んだ文学作品に、ピアニストが選曲した音楽を融合させ、大岡淳氏の協力を得て、出演者が心を合わせて創り上げる。
舞台とはまた違った俳優の素顔がのぞける楽しみを味わえるSPACの新企画に、吉田伊津子が初回から出演しています。

劇団SPACの俳優と共演した公演

2017年5月20日   SPACワンコインシアター
            武石守正さん : 片腕 (川端康成)     ♪ジムノペディ第1番、グノシエンヌ第3番(サティ)
            貴島 豪さん : 病める舞姫 (土方 巽)悲愴ソナタ(ベートーヴェン) トロイメライ(シューマン)
                                       月の光(ドビュッシー)

2013年1月21日  (主催:磐田市議会文化芸術振興議員連盟/会場:静岡県磐田市 ドルチェ倉庫
_______________________朗読=奥野晃士さん : 恋はロミオとジュリエット(阿刀田高 作) =2012年10月20日の再演
_______________________講演=宮城聡SPAC芸術総監督 : 演劇、最も古くて最も新しい芸術

2012年10月20日  朗読とピアノの午後
            永井健二さん : 桜の樹の下には/ 器楽的幻覚 (梶井基次郎 作)
_2012年10月20日 奥野晃士さん : 恋はロミオとジュリエット(阿刀田高 作) 12年10月20日

2011年12月17日  朗読とピアノの午後
            貴島 豪さん :せかいいち うつくしい ぼくの村(作・絵:小林 豊)
_2012年10月20日 たきい みきさん:きつねのでんわボックス(作:戸田和代/絵:たかすかずみ)

2010年 4月10日  朗読とピアノの午後
            貴島 豪さん& 舘野百代さん :親から子に贈る17の詩より=子どもの情景 他(シューマン)

2010年 4月10日  吉田伊津子★音浴レクチャーコンサート(第8回) 「ショパン」  貴島 豪さん

2009年10月18日  朗読とピアノの午後
            本多麻紀さん:進め、進め(武者小路実篤)他
_2012年10月20日 木内琴子さん:花さき山(斉藤隆介)他  =即興曲(シューベルト)他

2009年10月17日  朗読とピアノの午後
            石井萌水さん:純情小曲集(萩原朔太郎)=前奏曲(スクリャービン)
_2012年10月20日 貴島 豪さん:病める舞姫(土方 巽)_____前奏曲、エチュード「革命」「別れ」他(ショパン)

 

■2012年10月20日  朗読=永井健二さん 奥野晃士さん 演出・構成=大岡淳さん  賛助出演=南條未基さん 浅羽純也さん
(写真:左から 大岡淳さん 永井健二さん 南條未希さん 奥野晃士さん 吉田伊津子 朝羽純也さん 奥野さん作の絵) 

 

□ 桜の樹の下には (梶井基次郎 作)
グノシェンヌ(サティ)

□ 器楽的幻覚 (梶井基次郎 作)
ソナタ「テンペスト」(ベートーヴェン) 水の反映、亜麻色の髪の乙女、アラベスク(ドビュッシー)
亡き王女のためのパヴァーヌ(ラヴェル) 3つのノヴェレッテ、無窮動(プーランク)

□ 超講座朗読ライブ「恋はロミオとジュリエット」 (阿刀田高 作)
ウエスト サイド ストーリー(バーンスタイン) より Jet Song, Maria,Somewhere,Tonight
ロミオとジュリエット(プロコフィエフ)より 少女ジュリエット、モンターギュ家とキャピュレット家   他

____________________________

■2011年12月17日 朗読= 貴島 豪さん、たきい みきさん 感想  SPACブログ

□ せかいいち うつくしい ぼくの村(作・絵:小林 豊)
春に寄せて(グリーグ) 小さな白いロバ(イベール) 組曲「クープランの墓」(ラヴェル)より第3曲リゴドン 組曲「物語」(イベール) より第1曲「金の亀を使う女」 組曲「ベルガマスク」より月の光(ドビュッシー)  歌曲「王女」(グリーグ)

□ きつねのでんわボックス(作:戸田和代/絵:たかすかずみ)
ソナチネ(ラヴェル)より第1・第2楽章 優雅で感傷的なワルツ(ラヴェル)より第3番 白沙山荘の庭にて(山口良介)

_________________________________________________

 レクチャーコンサート(第8回) 「ショパン」 ゲスト:貴島 豪さん (劇団SPAC俳優) 2010年7月10日 アクトシティ浜松

_________________________________________________

 ヴァイオリン(木村直子さん)+チェロ(木村政雄さん) と共に 〜 

【コンサート報告】 2010年2月7日 「音登夢(おととむ)コンサート」  エフ・エーさろん(大阪) 2回公演

木村夫妻とは日本の大学で一緒に学び、直子さんとはペアを組み、ウィーンでは同じパン屋さんの2階に下宿した「深い仲」です。久しぶりの共演、それも、私が生まれた大阪での演奏は、私と木村夫妻との強い絆と、私の中にあった豪快な浪花パワーを思い出させてくれた記念すべきコンサートとなりました。ご来場くださったお客様、サポートしてくださった特定非営利活動法人エフ・エーさろんの皆様、素晴らしい時間をいただきまして本当にありがとうございました。次の機会を今からもう楽しみにしています。

 

【演奏した曲目】
○ピアノトリオ       ハ長調(モーツァルト)
○ピアノ+ヴァイオリン ソナタ 「春」(ベートーヴェン)
○ピアノ+チェロ     モーツァルトの「魔笛」の主題による変奏曲(ベートーヴェン)
○ピアノ独奏       ノクターン(ショパン)/エリーゼのために(ベートーヴェン)/即興曲ロザムンデ(シューベルト)
○ヴァイオリン+チェロ 荒城の月/いい日旅立ち/なごり雪 
○ピアノ+チェロ+タンバリン+お客様の手拍子で トルコ行進曲(モーツァルト)

2010.07.31.第14回バリアフリーコンサート 茅野市民館コンサートホール

_________________________________________________

● ピアノデュオ 〜 マテー千佐子さんと 2000年12月より

1台のピアノをふたりで弾く4手連弾と ピアノを2台向かい合うように並べて弾く2台のピアノによる演奏(写真)があります。音の数や音色が増え、違う個性が加わり、それらが協調し合う「アンサンブルの醍醐味」というものを味わうことができ、特に2台のピアノでのコンサートでは、左右からステレオ効果で聞こえてくるので、ダイナミックな音響を楽しめます。同じ師、エドアルド・ムラツェク氏のもとで学んだふたりは、長野県を中心に活動し、ウィーンにゆかりのある作曲家の作品を数多く演奏しています。

 

↑PageUP