ピアニスト「吉田イツコ」オフィシャルウェブサイト

イツコより

◎2019年9月12日 こちらはもうすっかり秋です。白樺は色づき、コブシや桜は落葉が始まりました。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

◎2019年9月7日  私のピアノをずっと前から聴いて下さっているお客様から、直筆で励ましのお便りをいただき、
心が温かくなって、久しぶりに写真を見ていただきたくなりました。毎日しっかり歩いて、しっかり練習しています。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

◎2019年5月28日  ただいま!ヨーロッパ3国、3つの街への旅から無事帰って来ました。ウィーンは約8年ぶり、ハンブルクは4年ぶり、モンペリエは9年ぶり。正式国交150年を迎えるオーストリアのウィーンでは、来月6月29日の浜松での音浴レクチャーコンサート(17)に備えてモーツァルトやベートーヴェン等の資料館、ドイツ/ハンブルクではスタインウェイ社等も訪れ、最後のフランス/モンペリエでは依頼されていたコンサーでドビューシー、ショパン、シューマン、山口良介さんの作品などを演奏しました。それぞれの民族、生活、文化の違いに改めて驚き、美しい建物、美術館、面白いものや美味しい物を探して歩き回り、特に最後のモンペリエでは、国際会議ということもあって国籍の異なる大勢の人たちとたっぷりおしゃべりを楽しむこともできました。
私にとって海外で演奏する喜びは、音楽・演奏・演奏家に対する深い敬意と感動を、言葉と身振りではっきり伝えていただけることです。質問したり、自分の考えを伝えてくださる方もいらっしゃいます。演奏会の直後はもちろん、その後何日たっても駆け寄って来て、みんなで取り囲んで、惜しみなく賞賛の言葉をかけてくださるのには毎回驚きます。お客様のそのような「表現」が計り知れなく大きい励ましになって、私の心を勇気と愛が、どんなに努力しても決してたどりつくことのない、終わりなき旅路をこれからも進んで行く勇気と、音楽への愛が、今回もまたひたひたと私の心を満たしてくれました。
そしてこの南仏モンペリエこそ、今回の旅でいちばん心に残った街となりました。巡礼の道の通過地であり、13世紀から大学がある、現在はフランス第8の街。社会問題はここも深刻ですが、規則は人のためにあって人を縛らず、時間は実にゆっくりと流れ、人生で最も大切なものは家族や友人との充実した時間だと確信して生きる人々。・・・。そして何より、フランス語が改めて私を魅了しました。・・・まずは声。のど声ではない、柔らかくて温かい声音は、微笑みを湛えた、ふわっとした表情から発せられます。そして、明るく、軽く、明確で、優雅な、まるで音楽のようなフランス語のメロディ。・・・今もなお耳に残っています。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

◎2019年2月28日 今日は久しぶりに雪が降りました。もう冬の雪の様にさらさらではなくて湿った春の雪です。
皆さんは「シメ」という鳥を知っていますか?写真のこの鳥がシメです↓ スズメよりちょっと大きくて、群れない優雅なおひとり様のこの鳥はほとんど鳴きません。自分では歌わないのに音楽を聴くのがこんなに好きだなんて、うちに来るこのコだけかもしれませんが、お正月から我が家のテラスに来ていて、私がピアノを弾くと、ピアノ室のテラス側のドアノブにチョコンと乗って、じっと聴き入るのです。だから練習がとても楽しい。弾き続けていると、暗くなるまでずっと聴いていてくれます。お陰で今年は基礎練習にも時間をかけてじっくりと励んでいます。
さて、2月16日は私の誕生日でした。年齢を重ねるということが、昔考えていたものとは全然違うものだということにびっくりしています。確かにからだの面では「手離さなきゃいけないこと」が次々に起こってきます。でも、それと反比例して、年を取れば取るほど子どもの心になっていくのは、なんて素敵なことでしょう!!

 

◎2019年1月5日 

新年あけましておめでとうございます。
お陰様で今年も元気に新年を迎えることができました。

皆さんはどんなお正月をお過ごしですか?ここは元旦の夜から2日にかけて雪が降って少し積もりました。私は今年も手作りおせち料理と信州の地酒で新年を祝い、毎日山を歩いています。3日には諏訪大社に初詣。うっすらと雪をかぶった地面をリスがすばしっこく駆け回り、小鳥たちと共に我が家のテラスに可愛い姿を見せてくれています。

私にとって昨年は「ショパンの年」でした。今年は何の年になるのでしょう?弾くべきものがやってきた時に弾くことができるように、健康で、しなやかで、タフな心身を保つことができるように努めていようと思います。
皆さんもどうかお元気で。世界が平和で、良い年になりますように・・・。 

 

 → 2018年