ピアニスト「吉田イツコ」オフィシャルウェブサイト

イツコより

◎2017年11月6日  昨夜、浜松でディナーコンサートを終え、我が家に着いたのは夜中の2時。外の気温は2℃.家の中も冷えています。早速薪ストーブを焚きました。火を見つめていると身も心も温まり、今回もまた大勢の方々に助けていただいて無事にコンサートを終え、遠路、無事に家に帰って来ることができたことに感謝。 そして今朝、起きてすぐ窓のカーテンを開けると、たった一日の間に秋がまた進んでいました。 窓からの風景です。

 

◎2017年7月12日  シューベルトの600以上もの歌曲の中で、私はAn die Musikを最も愛している。何度聴いても心が温かくなって涙が溢れる。シューベルトが友人ショーバーの詩に作曲したものだ。人に嫌われることの多かったショーバーを、シューベルトは心から敬愛していたという。もしも彼がこの詩を書かなかったら、この素晴らしい曲も生まれなった。ショーバーとシューベルトに心から感謝しつつ、この詩を私も音楽に捧げます。

An die Musik D547

Du holde Kunst, in wieviel grauen Stunden,
Wo mich des Lebens wilder Kreis umstrickt,
Hast du mein Herz zu warmer Lieb' entzunden,
Hast mich in eine beßre Welt entrückt!

Oft hat ein Seufzer, deiner Harf' entflossen,
Ein süßer, heiliger Akkord von dir
Den Himmel beßrer Zeiten mir erschlossen,
Du holde Kunst, ich danke dir dafür!

           (Franz von Schober)

音楽に

君よ、やさしい芸術よ、どれほど多くの灰色の時も、
過酷な運命が私を弄んだ時も、
君は私の心に暖かい愛を灯し、
より良い世界に私を導いてくれた!

幾たびも君の吐息が、君の竪琴から流れ出て、
甘く、清らかな君の和音が
天国を より良い時間を 私に開示してくれた
君よ、やさしい芸術よ、そのことを私は君に感謝しているよ、ありがとう!

           (フランツ・フォン・ショーバー:詩/吉田伊津子:訳)

⇒ 歌曲「音楽に寄せて」 An die Musik :ブリン・ターフェル(バス・バリトン)とマルコム・マルティヌー(ピアノ)
⇒ 歌曲「さすらい人」 Der Wanderer  :この中のメロディが「さすらい人幻想曲」に使われています。同じくターフェルの歌で。
⇒ 音浴レクチャーコンサート(15) シューベルトを浴びる 

→ 2016年