ピアニスト「吉田イツコ」オフィシャルウェブサイト

イツコより

◎2015年11月18日 先日15日のディナーコンサートでは、「音も、演奏も、すごく変わりましたね!」という感想を沢山いただきました。ドイツでの体験が?・・・それとも、出発直前の頭部打撲が? 私を新しく作り変えたのでしょうか?

ドイツから帰国して以来、新しく私の中に響き始めた曲たち。激しく心をかき乱す音楽。憧れと不安、夢と絶望、天使と悪魔、抱擁と暴力・・・そういった両極を揺れ動く音楽。なぜそういう音楽が響き始めたのかは分かりません。しばらく忘れていた民族間の摩擦やテロの恐怖を実感したから?・・・とにかく私はそれら「怪しげな」曲たちを15日にきっと弾くのだろうなと思って練習していました。・・・それが、なんと本番の前々日に突如鳴らなくなってしまったのです。代わって出て来たのは、清らかで明るく、やさしく、愛に溢れた曲たち。平和な響きに包まれて私は歓びに震えながらプログラムを急いで刷り直し、・・・「演奏する可能性のある曲」という、ちょっと変わったプログラムです・・・本番を迎えました。予想通り、舞台の上でもさらに思ってもいなかった曲が登場しました。

プログラムを決めない演奏会を始めたのは10年以上も前のことです。今日弾きたい曲、今日弾くべき曲が、何ヶ月も前に(場合によっては何年も前に)決めた曲と同じであるはずがありません。お天気や景色や人の心が変わるように、演奏者の状態、お客様の状態、客層、世界情勢さえも刻々と変わるのですから、時には必要に応じて変えることも必要だし、むしろそれが自然なこと。そうは思いませんか?私の場合は「音」です。私の中に聴こえる「音」。コツコツと練習していた曲がある日突然消え去り、他の音が鳴り始めるのです。これには全く逆らえません。もし本番直前の私に会えば、きっとこんなつぶやきが聞こえることでしょう。
「 きょうは いったい なにが でてくるのかしら ・・・?」

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

◎2015年10月22日  つばさ静岡が創立10周年を迎え、先日のコンサートの後にこのような感謝状をいただきました。私の音楽活動を大切に受け取って頂いて、目頭が熱くなりました。これからもどうぞよろしく。・・・八ヶ岳山麓の我が家は紅葉真っ盛り!
(↓クリックすると拡大します)

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

◎2015年10月15日 【ドイツの旅・報告〜9月】  Hamburg - Bad Staffelstein - Leipzig - Weimar - Münster
ハンブルク  〜  バート シュタッフェルシュタイン  〜  ライプツィヒ  〜  ワイマール  〜  ミュンスター


リサイタルの写真 ⇒ こちらもご覧ください

   

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

◎2015年10月6日  

ドイツから無事帰国しました。実は出発の前日に頭を打って気を失い、救急車で搬送されるという事故があったのですが、渡航を強行。事故のことは誰にも言わず、起きている間は自己流のリハビリ、あとはひたすら眠るという日々を過ごしてリサイタル本番を迎えました。
・・・「ホール」と「ピアノ」と「聴衆」が私にピアノを弾かせてくれました。この3つがそろって本当に素晴らしい時、演奏者は何も特別なことをする必要はない。ただ存在すればいいだけなのですね。それは私にとって生まれて初めての夢のような体験でした。

← クラシックの殿堂 ライスハレ  Laeiszhalle (Hamburg) 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

◎2015年8月26日  【意識に関する最近の大発見】  「攻めのリハビリ」というNHKの番組を見ました。廃用症候群(寝たきり)を防ぐ人間回復の方法〜脳卒中では発症後2日以内に座る訓練(端座位訓練)を開始。この時かかとは地面にしっかりつけ、体はゆがまずまっすぐに(たとえ一瞬でも自分で)座る。発症後1〜2週間以降は、3時間の積極的なリハビリと睡眠時間以外を徹底して離床する。番組ではこの他にも新しいシステム等を具体的に紹介していました。私はこれらの中にとても大切な何かを感じて早速自分でも試してみたくなりました。読書や机仕事も休憩も、椅子の背から背中を離して座り、両足をしっかりと地につけた姿勢を保つ。・・・するとどうでしょう!疲れないのです。しかも頭がはっきりしてくるから不思議です。英語で私を表す"I "は「私は天と地の間にすっくと立つ。人は頭を上げて始めて自分になる。」と学びました。まさに。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

◎2015年8月24日  【車の運転〜和と洋の違い】  私はウィーンで運転免許を取りました。あちらでは初日から公道を走ります。教則本も驚くほど実際的に作られています。2冊あって1冊は規則、車の構造、テクニック、トラブルの対処法など。もう1冊は運転席からの写真集〜このとき何に注意して運転しますか?というもの。教習所では強いウィーンなまりの授業で鍛えられ、家では6時間以上も毎日コツコツと勉強したことをなつかしく思い出します。・・・さて、日本ではまず何から学びますか?私が使った教則本の最初の項は Lichter(ライト)でした。"Muß gesehen werden!"〜見られなければいけない。つまり、「自分の車が相手から見えていなければいけない」。今の時期のように曇りがちだったり雨が降っていたりすれば、自分の車が目立つように昼間でも点灯する。これは、高齢者の運転が増える中、ぜひ日本でも徹底してほしいことのひとつです。トンネルに入る前には速度を80キロに落とす、踏切の前では停止しないで速度を落として注意しながら横断する、大型車は走行車線(遅い方)を走る、高速道路の合流点では進入車に車線を譲ろうとして車線を変えてはいけない・・・すべて安全のためです。霧でもないのにフォグランプを点けていると周囲の運転者の目を眩ますので罰金。停車中のアイドリングも罰金です。日本では標識の速度で走っている車など見当たりませんが、さまざまな人種が混在していると、たよりになるのはルールだけ。規則は規則。違反したら罰則。実にシンプルです。

 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------

◎2015年8月20日   ハンブルクでのリサイタルが近づいてきました。ピアノの調律をなんと4回もして頂けるそうです。前日と当日のリハの前、本番直前、そして休憩中にも。・・・感激です。

 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------

◎2015年8月3日   夕べは激しい嵐でした。みなさんの所は大丈夫でしたか?

    

 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------

◎2015年7月16日

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

◎2015年5月17日 信州の春は夢そのもの。、花々は一度に開き、新緑は本当に目が眩しくなるほど鮮やか。そのあまりの美しさに呆然とする毎日です。でも、写真に撮ろうとしたり言葉で表現しようとしたりすると、途端に美しさも感動も劇的に変化してしまうので、何もせず、ただただそれらに向かい合い、同化しています。我が家は八ヶ岳山麓、標高1350m。この季節は植物の成長が著しく、刻々と景色が変化する花と緑の海。自生の桜やコブシは驚くほど大きく育ち、ちょうどゴールデンウィークに満開でした。今はそれに代わって可憐な小梨が山を真っ白に輝かせています。小鳥のモーツァルト、キビタキも複雑なメロディを競い合って響かせ、昨日はカッコウの初鳴き。私の下手な口笛もウグイス師匠のお蔭で随分上達してきました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

◎2015年2月16日 今日は私の誕生日。きのう凄い映画を観ました。ひとりでも多くの人に観てほしい。
映画 パーソナルソング (原題=Alive Inside) 〜 ヘンリーの場合

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

◎2015年元旦    

新年の抱負 

淡々と受け入れ、淡々と手放すことのできるたくましさを育てたい。

→ 2014年